ささやきの小径

春日大社と高畑をつなぐ「ささやきの小径」。

20170406ささやきの小径.JPGのサムネイル画像


春日大社の正面参道にある二の鳥居から少し南にそれ、
高畑の閑静な住宅へと抜ける500mほどの歩道を
「ささやきの小径」と呼んでいます。

風に擦れる心地よい葉の音、
脇に流れる小川のせせらぎ、
苔に覆われた美しい土肌、

両脇には馬酔木(アセビ)が生い茂り、
イチイガシなどの巨樹もみられます。

馬酔木は毒があり鹿が食べないため、道を囲むように成長していきます。

鬱蒼とした木立に包まれ、少しうす暗い雰囲気の中で、
ところどころに差し込む木漏れ日が美しく、神聖な雰囲気が感じられます。

また、冬から春にかけて馬酔木の花が可愛らしく道を彩り、
私たちの目を楽しませてくれます。

馬酔木.JPG


ささやきの小径は、「下の禰宜(ねぎ)道」と言われています。

「禰宜」は、神官のことを指しており、
高畑の社家町に住んでいた春日大社の神官たちは、
かつて、この道を通って社に出勤していました。

また、多くの文化人がこちらで散歩を楽しんだとも言われています。

ささやきの小径よりも東側には、「上の禰宜道」、「中の禰宜道」も通じており、
こちらも春日大社から高畑へと抜ける、神官のために通された道でした。

この時期、ささやきの小径を抜けて高畑に入ると、
桜が花を咲かせて迎えてくれます。

20170406桜.jpg


また、散策の途中で鹿と出会えることもあり、奈良らしさを感じます。

草木が芽吹き、花開く春の奈良。

心地良い陽気になってきましたので、
ゆっくりと散策を楽しまれてはいかがでしょうか。