うなぎの寝床

間口が狭く奥行きの長い造りの町家、通称うなぎの寝床。

江戸時代末から明治時代にかけての奈良町には、
この、うなぎの寝床と呼ばれる町家が多く連なっていました。

奈良町には、今でも町家が居宅や店舗として生きており、
時代を遡ったかのような落ち着いた古都の趣が特徴です。

奈良町の町家は、切妻造平入り形式で、間口いっぱいに建てられています。
1階建てまたは2階建てと建物によって異なりますが、
隣り合う2軒の間では、背の高い家が屋根を差しかけ、
家と家の間に雨水が落ちないような工夫もされています。


奈良町にある「ならまち格子の家」は、当時の典型的な町家の姿を再現しています。

入口手前から、「みせの間」「中の間」「奥の間」と和室が3室続いており、
風が心地よく抜けるため、夏でも自然の風を感じながら過ごすことができます。

格子 竹襖.JPG

一歩足を踏み入れると、居心地の良さに、ゆったりとした時間が流れます。

格子の家として親しまれる以前、この建物は、薬屋・化粧品屋・タバコ屋と運営されていました。
町家は人の入れ替わりが激しく、同じ商家が何代も続くことは珍しいようです。

「みせの間」は、商談や接客に利用されていました。

玄関扉は引き戸や開き戸ではなく、上に向かって開けることで、
格子からの光を、十分に取り込む工夫がなされています。

格子越しに、朝は柔らかな光が、夕暮れには西陽が差し込み、
光と影の生み出す景色はとても綺麗です。

外からは中の様子は見えにくいですが、中からは外を歩く人たちの雰囲気が感じられ、
外と繋がっているような心地になります。

格子 みせの間.JPG

「中の間」「奥の間」は、食事のための居間や寝室として利用されることが多いようですが、
仕切りの襖を開け放し、一つの大きな部屋として使うことも可能な造りになっています。

「中の間」で存在感を放つ箱階段。
狭い空間を有効に活用するための知恵が詰まっています。

格子 箱階段.JPG

箱階段から2階に上がると、梁を近くで眺められ、室内の窓から土間の様子も伺えます。

「奥の間」を抜け、中庭の脇の渡り廊下にはお風呂やお手洗いがあり、
その先には「離れ」、奥には白壁が美しい「蔵」もあります。

また、それぞれの部屋に隣り合うように伸びる土間部分は、
竈で煮炊きをするために天井が高く造られています。

格子 土間.JPG

立派な梁の更に上には明り取りの窓があり、紐で障子や雨戸を開閉するようになっていたり、
天井には煙抜きがあり、竈の煙を外に抜けるように工夫されています。

また、こちらの土間には、東大寺二月堂の修二会で使用されたお松明が展示されています。

この土間から各部屋を見ると、部屋との間は建具で仕切られていますが、
「奥の間」との間にだけ壁があります。
これは、湯気や煙の出る炊事場を壁の反対側に配することで、室内の環境を守るための工夫です。

このように、町家の造りに目を向けると、
自然を上手く取り込んだ設えに生活の知恵や工夫が随所に感じられます。

町家は、通りから眺める姿と、中に足を踏み入れて眺める姿と、どちらもとても風情があります。
当時の町並みや生活に想いを馳せながら、奈良町巡りを楽しんでみてはいかがでしょうか。