アジサイ寺

20180531ajisai (2).JPG

6月、紫陽花の彩り豊かな花を各地で見かけるようになりました。

紫陽花は日本原産の花木で、奈良時代には歌にも詠まれているほど、
古くから日本人の心を打つ花の一つでもあります。

紫陽花らしさの一つでもある、花の色が移り変わる様は、
この世のものは常に変化をしており留まることがない、
という諸行無常の心とも通じているため、多くの寺院で見かけることができます。

奈良でも、紫陽花の名所は何ヶ所かありますが、
寺院では、「矢田寺」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

20180531ajisai (5).JPG


矢田寺では、毎年この時期にアジサイ園が開園し、
毎年多くの方が紫陽花を愛でに足を運ばれます。

矢田寺の紫陽花が植えられたのは昭和40年頃と最近ですが、
境内を彩る紫陽花はおよそ10,000株あり、
一面に咲き誇る様はとても華やかで見ごたえがあります。

20180531ajisai (1).JPG


すでに開花しているツルアジサイから9月頃に咲き始める中国の紫陽花まで
品種も約60種あり、長く花を楽むことができます。

矢田寺は正式には「金剛山寺」といい、この一帯が矢田の里と
呼ばれていたため、「矢田寺」と呼ばれるようになったようです。

日本最古の延命地蔵菩薩を安置しており、
地蔵信仰の中心地として知られています。

多くのお地蔵さまは、右手に杖、左手に如意宝珠を持っており、
その宝珠の形は、紫陽花の丸い花からきています。

しかし、矢田寺のお地蔵さまの多くは、
右手の親指と人差し指を結んだ独特の振る舞いをしているため
「矢田型地蔵」と呼ばれています。

20180531ajisai (3).JPG

他にも、境内には味噌の味を美味しくしてくれるという「みそなめ地蔵」をはじめ、
個性的な意味合いのお地蔵さまも多く、お地蔵さまを見比べるのも楽しみ方の一つです。

お地蔵さまは、今では子供を見守る仏様として知られていますが、
元はインドの「大地の神様」が起源で、仏教が生まれるずっと昔から信仰されていました。

「地上に存在する生命あるものの全てをやしなってくださる者」
という意味があるそうです。

20180531ajisai (4).JPG

矢田寺は丘陵地にあるため、眺望が良く、奈良盆地を見下ろすことができます。

市街地から少し足を延ばして、紫陽花に包まれてみてはいかがでしょうか。