弁財天巡り

初夏を迎え、暖かい陽ざしが差し込むと、
日中は気温が上がり、外を歩くと汗ばむほどです。

町歩きをしていると、喉を潤す「水」が恋しくなります。

水は、万物を生みだし育むことから、
いにしえより祈りの対象として、大切にされてきました。
同じように、水がある海や川なども信仰の対象とされることがあります。

その水の神さまのうちの一柱が、七福神でおなじみの「弁財天」です。

諸説ありますが、弁財天は七福神唯一の女神として
ご存じの方も多いのではないかと思います。

元々は、インドの川の神様ですが、
様々な経緯を経て、全国各地でお祀りされています。
水辺にあるお堂をご覧になった方も、いらっしゃるかもしれません。

また、川の流れの音の美しさから
音楽・言語(学問)・芸能の上達を見守って下さるともされる万能な弁財天ですが、
奈良とも深い関係があるのをご存じでしょうか。


かつて、平城京があった時代。
空海が、天川村にある「天河大辨財天(べんざいてん)社」より
都の平和を守るためにお祀りしたことが、奈良の弁財天の始まりとされています。

興福寺では、三重塔にお祀りされています。
お祀り当時から、特に学問に励む方に、特に篤く信仰されています。

三重塔.jpg

毎年7月7日には法要が執り行われ、ご開帳もされています。

三重塔にお祀りされた当時、餅飯のお供え物をして、法要をした場所があります。
興福寺からほど近い餅飯殿(もちいどの)商店街にある、「餅飯殿辨財天社」です。

弁才天②.jpg

飲食店やお土産店などが立ち並ぶ、観光客にも人気の通りの
一角にある広場の奥に、ひっそりと佇んでいます。

より安心に、より栄えるようにと、長い間、見守り続けてくれています。


ところで、都を守るために平城京までお越し下さった
「天河大辨財天社」が、どのような場所かご存じでしょうか。

天川村は、奈良県の南部に位置し、
雄大な山々と、美しい清流に囲まれた清々しい風景が広がります。
お社は、美人の湯と名高い温泉のほど近くにあります。

弁才天③.JPG

全国にある辨財天社の中でも格式の高いこちらは、
整った境内の中に、芸能の神様らしく、大きな舞台もあります。

弁才天④.JPG

能とのゆかりが深く、多くの能面や能装束を伝えています。

毎年4月14日の春季大祭、7月17日の例大祭、11月2日の秋季大祭には、
今でも能楽の奉納が行われています。

古くから、悪い存在を鎮めたり、ご先祖様を慰めたりするために
芸能を奉納していたそうです。

現在では、人々の穏やかな生活を祈り、能に関わらず、
様々な音楽や舞踊などの奉納もなされています。

参拝時にならす鈴は、「五十鈴(いすず)」と呼ばれ
人間の成長に欠かせない考え方を、三つの鈴で表現した独特の形をしています。

古事記の「天の岩屋戸開き」で使用された神宝が題材にされています。
平和を願う思いの伝わる場所でした。


新しい元号へと移り変わったこの記念すべき年に、
平和の願いを込めて、弁財天参りはいかがでしょうか。