貝ボタン

美しい光沢の貝ボタン。

botan02.jpg


天然の素材ならではの輝きと、滑らかな手触りが魅力です。

一つ一つ異なる輝きを放つ貝ボタンは、
貝がらを丁寧にくり抜き、しっかりと磨かれているため、
手になじみ、ボタンが留めやすいという利点もあります。


実は、奈良県は国内の貝ボタンの生産量日本一を誇ります。

明治20年頃、日本で初めてドイツ人によって、
港町の神戸に伝わった貝ボタンはその後、
大阪や淡路島、和歌山にも広まり、
奈良に本格的に伝わったのは明治38年ごろでした。

奈良県内の農家では、江戸時代から綿加工業が行われていましたが、
副業として貝ボタンが作られ始められたようです。


貝ボタンの産地である奈良県磯城郡川西町は6つの川に囲まれており、
そのうちの1つである大和川は、大阪湾に繋がっています。

昔は、材料の貝を運び入れ、出来あがったボタンを
大阪に運び出すために大和川が使われていたため、
海のない奈良でも、多くの貝ボタンを作ることができたのです。

川西町の貝ボタン産業は、和服から洋服への移り変わりと共に
大正初期に急成長し、一時は500軒近くもの業者があったようです。

しかし、昭和29年にポリエステルボタンが開発され、
昭和40年頃から本格的に流通し始めると、貝ボタンの生産が減少し、
現在では、貝ボタン業者はごくわずかとなりました。


貝ボタンには、高瀬貝、白蝶貝、黒蝶貝がよく使われ、
真珠貝やあわびも材料として使われています。

それぞれの貝によって特徴が異なり、例えば、
高瀬貝ボタンは少し黄味のある白色をしており、
虹色の光沢がとても綺麗で、ボタンの裏側に
貝の表面の赤や緑色の殻が残っているのが特徴です。

あこや貝は、主に真珠の養殖に使われる貝で、
薄く少し湾曲した風合いが特徴の真珠色の光沢のボタンに仕上がります。

貝ボタン.jpg


職人さんによって生み出された貝ボタン。

ボタンに目を向けてみると、服選びの楽しさがより広がります。

是非手に取っていただき、風合いの違いをお楽しみください。