livrer
- NEWS -

【奈良のたからもの展 ー食から工芸まで―】 2月3日(土)ー25日(日)

tachibina2(300×300).jpg


2018年2月3日(土)~25日(日)
11:00~18:00(最終日16時まで)
期間中休み/毎週月曜(祝日の場合は営業、翌火曜日がお休みです)

――

1300年以上も前に古代の都が置かれた奈良は、
日本のはじまりの地とも言われます。
神々が鎮まる山地のふもと、悠久の記憶を宿す時間とともに、
今も素晴らしい伝統や文化が育まれ続けています。

良き伝統を継承し、丁寧に守られてきた手仕事、
古きを訪ね、今の時代にあらたな価値が生み出される手仕事・・・。

今展では、奈良に根差した温かな作り手が生み出す品々、
「奈良のたからもの」をご紹介いたします。

細やかな色彩が美しい一刀彫の雛人形、
吉野杉料理箱、奈良さらし、吉野漉和紙のほか、
春をよぶ東大寺二月堂のお水取りの時期だけ造られる鮮やかな生菓子
萬々堂通則「糊こぼし」など
今お召し上がりいただきたい奈良の美味しいものも豊富に並びます。
※「糊こぼし」はカフェでのご紹介です。販売の予定はありません。


あたらしい奈良の息吹を訪ねに、是非いらしてください。
詳細は随時更新いたします。お楽しみに!

―――

【会期中イベント】
ご予約受付中!

奈良のたからもの展 料理会「をりふしへ寄せ」
料理人ー藤間夕香(夕顔)

百合根粥.jpg

東京・板橋「夕顔」の藤間夕香さんをお迎えし、
奈良の風情や食材を掬う料理会を開催いたします。
垣間見え始めた春の気配をぜひご堪能くださいませ。

日時/2月4日(日)
(昼の部)11:00〜 (夕の部)16:00〜
※各回およそ2時間半ほどを予定しております。
コース形式での食事会となるため、開始時間までには必ずお越しください。
定員/各8名
金額/8,000円+税
要予約/ご予約はときのもりLIVRERまで 
Tel.03-6277-2606

立春に奈良を想う。

冬の静けさの中、
春が息吹きの支度をはじめる頃。
旧暦では、新たな年がはじまる日。

吉野葛、大和茶、大和野菜。
香る薬草に、季節の実りたち。
奈良の食材をふんだんに使い、
奈良の風情を愉しんでいただく料理をご用意いたします。

「 をりふし 」とは、
大和言葉で " 季節 " の意。

をりふしの「 たからもの 」とともに
みなさまのお越しをお待ちしています。


プロフィール:
夕顔 藤間夕香
料理家。東京・板橋にある「 夕顔 」を拠点に
季節の料理会や、食に纏わる催しを行う。

素材から感じること、風景から料理となること。
胸に宿る情景を掬い描くように、
料理を通し 器・場に表現している。

―――

料理会しつらい、コーディネイトは石村由起子が手掛けます。

暦の上では春の始まる「立春」の日に、
みなさまにお会いできますことを楽しみにしております。
―――
なお、ご予約後のキャンセルはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
仕入れの都合上、10日前よりキャンセル料として全額を頂戴しております、ご了承くださいませ。