livrer
- NEWS -

奈良の作り手 三人展 茶会【奈良と】報告

DSC_6514.JPG

奈良の作り手 三人展 茶会「奈良と」
無事に終了いたしました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました。

[茶と]主宰 今泉勝仁さんにお越しいただき、
奈良の作り手三人の道具を使い、
奈良のお茶を楽しむ会を
展覧会初日に開催いたしました。

当日はすべての会満席。じっくり2時間、
tsuzuruさんの菓子4種と、4種のお茶とともに、
奈良に思いを馳せる時間をすごしていただけたのではないかと
思っております。

写真を通して、すこしだけ当日の様子をみなさまにもご紹介させていただきます。

DSC_6509.JPG
蚊帳で区切られた空間で開催。
机中央には中村友美さんの急須、その周りには津田清和さんの茶杯が
並べられています。

DSC_6511.JPG
茶缶に入ったお茶の葉の香りをみなさまにも。

DSC_6520.JPG
焙烙という道具を使って、お茶の葉を焙じる場面も。
中村友美さんの炉の中に、アルコールランプを置いて使っています。

DSC_6538.JPG

DSC_6556.JPG

DSC_6540.JPG

DSC_6490.JPG
この日の為に、tsuzuruさんが考えて下さったお菓子。
菓子皿・洋白菓子フォーク共に中村友美さん作。

DSC_6567.JPG
会の後半には、作家のみなさまにも交えて談笑する場面も。
参加された皆様からの質問にもお答えし、
とても貴重な話を伺うことができました。
(右から:土屋美恵子さん、中村友美さん、津田清和さん)


茶会の中で使用した道具類もまだ一部ですが店頭で販売いたしております。
中村友美さんの薬缶や急須は年内まで受注も受け付けておりますので、
ご興味ある方は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

またこのような会を開催できるように、
日々を積みかさねてまいります。
ときのもりリヴレをどうぞよろしくお願いいたします。

―――

[茶と] 今泉勝仁
愛知県生まれ。料理と農業を学んだのち、
日本の食文化において欠くことのできない
茶に関心を寄せる。
作り手の想いと背景を伝えることを大切に
各地を訪ね、自らの視点から、お茶と
その周りのものと人をつなげる茶事[茶と]
を主宰している。
chato.jp