livrer
- NEWS -

纏う「衣」展 いよいよ今週末29日(土)から!

P1010015.jpg

纏う「衣」展では、奈良から生まれた上質な仕立て衣を紹介いたします。
4月29日(土)の会期スタートに先立ちまして、今回ご紹介させていただくブランドの名前についての
お話しを少し、、。

〇Aruki-tsudukeru

Aruki-tsudukeruを手掛けるのは、
奈良県葛城郡広陵町で縫製工場を営む「株式会社 新田」さん。

このブランド名には"自分で決めたことを信じて、自分らしく歩き続ける"という意味が
込められています。
株式会社新田の秋本さんは、「良いものを良い」という。「私はこうしたい、こうありたい」と
思うこと、そういった自分の意志をとても大切に考えられておられます。
その一方で、日々の忙しさや慣れを理由にその"意志"を抑え込んで、人生を適度にこなしてはいないか?
ということもよく考えるそう。みなさんはいかがでしょうか?

Aruki-tsudukeruというブランドを立ち上げたのは、
「勇気を出して新しい体験に挑戦していく、その時を共にできる服。
 その経験と記憶が宿り、その人が生きた証となる服。それを作ろう」
という思いが生まれたから、とのこと。
₋新しい体験へ飛び込み挑戦するとき、そこには喜びや苦しみ、時には逃げ出したくなるほどの
辛いことがあり、膨大な勇気とエネルギーが必要となる。
しかし、自らの意志を信じて困難に立ち向かったり、
自分の決断や判断を信じて問題を乗り越えたりする、
その一生懸命な姿はいくつになっても勇ましく、格好よく映り
人はその生きざまに惹かれるのだと。₋

Aruki-tsudukeruの洋服、一つひとつには、
身につけることで、その人が少しでも前を向いて歩いていけるような、
服がその人にそっと寄り添っていく。力になる。
そんな静かなる、熱い思いが込められているのだと思います。

シンプルで流行に捉われないデザイン。
"年齢や体格ではなく、雰囲気と空気で着こなす服"
ぜひ店頭でお確かめください。

――

忙しい日々のなか、知らず知らずのうちにたくさんの荷物を抱えていることもあると思います。
少しの時間ではありますが、ときのもりリヴレでその荷物をそっとおろして
Aruki-tsudukeruのお洋服に身を包んでみませんか?
みなさまとお会いしてお話しできる時間を楽しみにしております。

―――――
纏う「衣」展 奈良で生まれた上質な仕立て衣

4月29日(土)―5月28日(日)
11:00-18:00
期間中 月曜休み

ときのもりLIVRER
Tel:03-6277-2606
―――――
※展示準備に伴い、4月28日(金)は縮小営業とさせていただきます。
 カフェスペースにはお立ち寄りいただけませんので、予めご了承ください。
 営業時間は平常通り11:00~18:00です。