livrer
- NEWS -

奈良人形一刀彫 兜(荒木義人作)

荒木義人さんが製作されました、奈良人形一刀彫「兜」、
ときのもりリヴレにて展示販売を行っております。

DSC_4056.JPG
(小サイズ)

そもそも奈良人形一刀彫とは、

平安末期より執行されていた春日若宮祭において、
当初より奉賽された田楽の笛吹笠及び盃台に風流人形を
用いたのが起源とされています。

古くは田楽人形と呼ばれ、室町以後は奈良人形と称されました。
明治期には水谷川春日大社宮司の進言にもとづいて
「刀法を強調する」意味から一刀彫と呼び始められたといいます。

また一刀彫には、「一刀一刀精魂を打ち込んで・・・」という
作者の気持ちが込められており、古くから祭礼時や内外各所への
献上、贈答品として社会の一役を成しているのです。
(彫刻家 竹林薫 著「奈良の一刀彫」より引用)

今回ご覧いただけます兜もまた、
平成18年に奈良ホテルから悠仁様へ献上された兜と
同じもの。
春日大社に所蔵されております、大鎧二領(鎌倉時代)を参考に、
荒木義人さんが、悠仁様が力強く華やかに成長されることと願いを込めて
製作されたものです。

DSC_4061.JPG
「吹返」ふきかえし
吹返に五色の菊花の彩色と悠仁様の御印の高野槙(こうみやまき)をデザインして
彫出し、金箔を押されています。

DSC_4060.JPG
「眉庇」まびさし
眉庇中央に雄々しい獅噛(ししかみ)と広大な鍬形で力強さを示されています。

DSC_4063.JPG
「鉢」はち
落ち着いた風格の星鉢(ほしばち)に金箔を押されています。

DSC_4064.JPG 
「錣」しころ
黄色がかった明るい赤糸威で華やかさを表現されています。
(上4枚すべて中サイズ)

ときのもりリヴレには、中サイズと小サイズが届いております。
中サイズ 総高32㎝
小サイズ 総高21㎝
ぜひ一度見にいらしてくださいね。
お電話でのお問い合わせも承っております。(全国配送可)

DSC_4050.JPG DSC_4051.JPG DSC_4053.JPG DSC_4054.JPG
DSC_4055.JPG (小サイズ)

※本日、完売いたしました。たくさんのお問い合わせをいただき本当にありがとうございました。 
 来年も皆様にご紹介できますよう、準備してまいります。
 今後とも、ときのもりLIVRERをよろしくお願いいたします。(H29年4月22日)

―――――

ときのもりLIVRER(リヴレ)
東京都港区白金台5-17-10
03-6277-2606
11:00-18:00 月曜定休
地下鉄「白金台」駅から徒歩4分

―――――